Top Page › 読書の感想 › リン・グレアム › ◆『裏切りのハネムーン』リン・グレアム

2011 · 10 · 25 (Tue) 16:13

◆『裏切りのハネムーン』リン・グレアム

◆『裏切りのハネムーン』リン・グレアム(ハーレクイン)
 変人であった祖母が亡くなり、オフィーリアの住む朽ちかけた屋敷に関しての遺言が読み上げられた。かつて一族の所有物だった屋敷を取り戻そうとしているリサンダー・メタクシスは、「オフィーリアとリサンダーに遺贈。ただし両者の結婚が条件」という遺言に仰天するが、彼は彼女を説得して結婚に持ち込む。("The Greek Tycoon's Disobedient Bride" by Lynne Graham, 2008)
・〈三人の無垢な花嫁〉三部作第1作

 リン・グレアムのテンプレのような作品で、スラスラと読めるのですが、あまり特徴がないように感じました。
 ヒロインが多少子供っぽい、と思うくらいだったかなあ……。彼女が飼っているオウムが出てきた時は、「お!(゚∀゚)」と思ったのですが、あまり活躍を見せぬまま、出てこなくなってしまった(´・ω・`)。
 いろいろと問題のあるヒロイン祖母や因縁のある親世代からの偏見に凝り固まったヒーローが、ヒロインは「金目当ての女」と決めつける。結婚を承諾したのも、セレブな暮らしがしたいからという理由に違いない、とお約束の冷たい仕打ち。
 しかしヒロインは、ヒーローと結婚したら弁護士から見せてもらえる書類が目当て。小さい頃に離れ離れになった異父妹の行方がそこに書かれていると思ったから。
 異父兄妹三人の三部作第1作で、以降の展開を説明するのも兼ねているから、テンプレでも仕方ないのかもしれない、とここまで書いて思った。けど、こんな書き方をされたらあとが気になるじゃん!ヽ(`Д´)ノ 三冊全部手元にあって、よかったよ(^^;)。
 この作品だけだとこんなもんだけど、これ以降に期待。
(★★★)

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント