Top Page › 映画の感想 › 新作の感想(2011) › □『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』

2011 · 10 · 26 (Wed) 19:45

□『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』

『猿の惑星:創世記(ジェネシス)"Rise Of The Planet Of The Apes" 2011(10/7公開)
 アルツハイマー病治療薬の研究者ウィルは、メスのチンパンジーを薬の実験台に使う。チンパンジーは凶暴化して死亡したが、妊娠していたことがわかり、ウィルはその仔猿を引き取り、シーザーと名づける。彼は生まれながらに知能が高く、ウィルとその父とともに家族のように暮らしていくが──。(監督:ルパート・ワイアット 出演:ジェームズ・フランコ、アンディ・サーキス、フリーダ・ピントー、ジョン・リスゴー他)

『猿の惑星』は、言わずと知れたSF映画の古典的名作ですが、もう何だかね──私は見たかどうか、よく憶えていないのですよね(´∀`;)。通して見てはいないかも。昔はテレビでよくやったし、最近はエンディング部分だけ何度も流されていたりする。
 オチがあまりにも有名なので、それ知ってれば見ても見なくても一緒(;_;)、と思う私は乱暴ですか?
 この映画は、その『猿の惑星』のオチになる前のお話なのです。なぜ◯◯が猿に征服されてしまったのか(伏字にしてもあまり意味ないですけどorz)、そのきっかけを描く新シリーズの第1作だそうで……。
 でも、そうなると話はどうしたってこういうふうになるだろうし、お猿がやっぱりかわいそうなのですよ……。
 シーザーは知性と感情を人間並みに持っているので、自分が人間ではないとわかっているけれども、猿とも違うと思っている。家族だと思っているウィルとその父と一緒に自分が暮らせない(人を襲って、保護施設に送られてしまう)のは猿だからとわかっているけど、人間から猿への虐待は不当だとも感じている。
「どうなるんだろう?」という興味がない上に、物語的にあまりいい後味になるはずない、と思ってそのとおりなので、うーん……そんなにつまらないわけでもないのに、「見なくてもよかったかしら?(´ω`;)」とつい考えてしまったりして。
 まったく先入観のない人が見たら、面白いのかもしれない。でも、物語としては途中だよね、やっぱり……。
 最近、レディースデイだからって映画二本ハシゴすると、一本がハズレというのが多い気がするのです……orz 当たりの映画の感想はまた後日。
(★★☆)
[Tag] * ★★☆

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント