01
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

□『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』

『猿の惑星:創世記(ジェネシス)"Rise Of The Planet Of The Apes" 2011(10/7公開)
 アルツハイマー病治療薬の研究者ウィルは、メスのチンパンジーを薬の実験台に使う。チンパンジーは凶暴化して死亡したが、妊娠していたことがわかり、ウィルはその仔猿を引き取り、シーザーと名づける。彼は生まれながらに知能が高く、ウィルとその父とともに家族のように暮らしていくが──。(監督:ルパート・ワイアット 出演:ジェームズ・フランコ、アンディ・サーキス、フリーダ・ピントー、ジョン・リスゴー他)



『猿の惑星』は、言わずと知れたSF映画の古典的名作ですが、もう何だかね──私は見たかどうか、よく憶えていないのですよね(´∀`;)。通して見てはいないかも。昔はテレビでよくやったし、最近はエンディング部分だけ何度も流されていたりする。
 オチがあまりにも有名なので、それ知ってれば見ても見なくても一緒(;_;)、と思う私は乱暴ですか?
 この映画は、その『猿の惑星』のオチになる前のお話なのです。なぜ◯◯が猿に征服されてしまったのか(伏字にしてもあまり意味ないですけどorz)、そのきっかけを描く新シリーズの第1作だそうで……。
 でも、そうなると話はどうしたってこういうふうになるだろうし、お猿がやっぱりかわいそうなのですよ……。
 シーザーは知性と感情を人間並みに持っているので、自分が人間ではないとわかっているけれども、猿とも違うと思っている。家族だと思っているウィルとその父と一緒に自分が暮らせない(人を襲って、保護施設に送られてしまう)のは猿だからとわかっているけど、人間から猿への虐待は不当だとも感じている。
「どうなるんだろう?」という興味がない上に、物語的にあまりいい後味になるはずない、と思ってそのとおりなので、うーん……そんなにつまらないわけでもないのに、「見なくてもよかったかしら?(´ω`;)」とつい考えてしまったりして。
 まったく先入観のない人が見たら、面白いのかもしれない。でも、物語としては途中だよね、やっぱり……。
 最近、レディースデイだからって映画二本ハシゴすると、一本がハズレというのが多い気がするのです……orz 当たりの映画の感想はまた後日。
(★★☆)
web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★☆

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    12月 | 2020年01月 | 02月
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ロマンス以外 シリーズ ★★★★ 創元推理文庫 ★★★☆ ヒストリカル ラズベリーブックス その他の出版社 ★★☆ 資料用 サスペンス/ミステリ ハーレクイン(文庫含む) コンテンポラリー ★★★★☆ MIRA文庫 ロマンス映画 ★★★ ライムブックス 扶桑社ロマンス 新潮文庫 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ ランダムハウス講談社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫