01
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

◆『甘美な愛人契約』リン・グレアム

◆『甘美な愛人契約』リン・グレアム(ハーレクイン)
 義姉が関わるチャリティファッションショーに急遽出演することになったアビーは、そこでロシアの石油王ニコライの目にとまる。チャリティに大口の寄付をするかわりに、食事に誘われたアビーは、その夜の終り、亡くなった夫を裏切る行為にまで至った自分と、誘惑をしたニコライに怒りを覚えることになる。("The Ruthless Magnate's Virgin Mistress" by Lynne Graham, 2008)
・〈三人の無垢な花嫁〉三部作第2作



〈三人の無垢な花嫁〉となっていますが、無垢というより、お子ちゃまな感じです。
 まあ、かなり似たようなもんですが。無垢故に残酷だったり、短絡的だったりする。タイトルに偽りはないよね。じゃあ、反面魅力は?
 どうも前作『裏切りのハネムーン』でも思ったけど、子供っぽい癇癪というか、プライドの高さが目についてしまう。リン・グレアムというと、たまに「天然」なヒロインが出てきて、ヒーローをキリキリ舞いさせるのが好きだったりするんだけど、「無垢」の場合はちと違うらしい。
 仕事ではシャキッとしている普段の自分が、ヒーロー(『裏切りのハネムーン』ヒロインの異父兄)を前にするとモジモジムラムラになってしまうことにイラついてたまらん、というのはよくわかりました。それはヒーロー側も同じなんだけどね。
 肉欲に流されるリン・グレアムのヒロインは、腹いせにヒーローに当たり散らすなあ。今回もご機嫌をとろうとして高いものあげても全然喜んでくれなくて、ヒーロー(´・ω・`)ショボーンとしてたよ。
 ヒロインがイライラする気持ちもわからないでもない。亡夫にはだまされてたし、兄には会社の金を使い込まれるし、ろくな男がいないことを無意識に感じていたのでは。でも、あんまり同情できないのよね……。同情もできないのなら、ドアマットヒロインの方が(私としては)まだ読後感がいいなあ。
(★★★)
web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★ シリーズ

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    12月 | 2020年01月 | 02月
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★★☆ ロマンス映画 シリーズ 創元推理文庫 ロマンス以外 ★★★★ ラズベリーブックス ヒストリカル その他の出版社 ★★☆ 資料用 サスペンス/ミステリ ハーレクイン(文庫含む) コンテンポラリー ★★★★☆ MIRA文庫 ★★★ ライムブックス 扶桑社ロマンス 新潮文庫 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ ランダムハウス講談社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫