Top Page › 読書の感想 › リン・グレアム › ◆『愛を試された公爵』リン・グレアム

2011 · 10 · 29 (Sat) 08:40

◆『愛を試された公爵』リン・グレアム

◆『愛を試された公爵』リン・グレアム(ハーレクイン)
 陶芸家を目指しているモリーは、あるパーティでのバイト中、客からセクハラを受けた。助けてくれたのはスペイン人の銀行家、サンドバル公爵レアンドロ。彼女は誘われるまま、レアンドロと一夜を過ごすが、「愛人になってほしい」と言う彼の頼みはきっぱりと拒否する。("The Spanish Billionaire's Pregnant Wife" by Lynne Graham, 2009)
・〈三人の無垢な花嫁〉三部作第3作

 これが書きたかったのか、という作品でした。前二作は序章なの?orz
 貧しいけれど強いヒロインが、結婚生活に疑問を持った時に現れたお金持ちの兄姉の後ろ盾を頼りに、ヒーローをきっぱりと切り捨てる、というお話。もちろん、修復はしますけど、経済的には困らないので流されないで手厳しく拒否します。
 ヒーロー、ぼんやりなお坊ちゃん公爵(^^;)。人生に疑問も挫折も、何の不自由もなく何となく過ごしてきたボンクラ貴族です。前の結婚もそんな感じだったので、のちに考えなしの報いを受け、虚しい気分を持て余したところにヒロインと出会う。
 しかし、ぼんやりさんなので姑の嫁いびりにも気づかないし、深入りが怖くて仕事ばかりしている。ヒロインがいろいろ言っても、いまいち通じない。それどころか浮気まで疑う始末。
「こりゃダメだ(´д`;)」
 とヒロインが思うのも無理ないけど、里親元や施設で育った彼女は、両親の揃った家庭に憧れているんだよね。だから我慢してたんだけど、兄と姉の存在に後押しされて、

「あんたとは合わないから別れる」

 ときっぱり言い渡す。爽快だ!ヽ(゚∀゚)ノ 前二作のストレスが解消されたよ!
 そこまで言われて、ヒーローようやくちゃんと考え、ヒロインを取り戻そうと努力する。
 お坊ちゃんの成長物語です(^^;)。傲慢というより、命令する立場に慣れきった人で、それを尻に敷くたくましいヒロインが小気味いいです。
 単独で読んでもいいと思うけど、後半のヒロイン兄姉の登場は唐突に見えるかな? 前のを読んでいる方が、カタルシスもあると思うけど──まんまとリン・グレアムの術中にハマった気がしてならないっすね(^^;)。
(★★★★)

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント