Top Page › 読書の感想 › ジェシカ・スティール › ◆『恋は立入禁止』ジェシカ・スティール

2009 · 02 · 19 (Thu) 13:11

◆『恋は立入禁止』ジェシカ・スティール

◆『恋は立入禁止』ジェシカ・スティール(ハーレクイン文庫)
 恋人とスキー旅行中の妹が行方不明になった。雪崩に巻き込まれたのかもしれない。エレナは妹の恋人の兄ギデオンとともに現地へ向かうが、消息はつかめない。しかも、妹と恋人の間に生まれた赤ちゃんを預けていた親戚が養育権を主張し始める。「姪を取り返すためには僕と結婚するしかない」──ギデオンが驚くべき提案をしてきた。

 誰が見てもバレバレなバカップルなのに、本人たちだけ気づかない、という超お約束なすれ違いもので、あらすじだけでストーリーもほとんど見えちゃいますが、私は大好物なので、楽しく読みました。
 それにしてもヒーローは我慢強い……。こういう設定で何度も寸止めが続くと、気の毒になってくるよね。割と自分で墓穴掘ってるので、言うほど腹黒な男ではない気がします。ヒロインにいろいろ調子を狂わされた、というところでしょうか。
(★★★☆)

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント