Top Page › 映画の感想 › 新作の感想(2011) › □『タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密』

2011 · 12 · 07 (Wed) 21:58

□『タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密』

『タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密』"The Adventures Of Tintin: The Secret Of The Unicorn" 2011(12/1公開)
 少年記者タンタンと愛犬スノーウィは、ノミの市で古い帆船ユニコーン号の模型を手に入れるが、直後に買い取りたいと申し出る男が二人現れる。特ダネの匂いを感じたタンタンが調査のため外出しているうちに模型が盗まれる。買い取ろうとした男のうちの一人、サッカリンが怪しいと踏んだタンタンは彼の住むムーランサール城へ忍び込むが、そこにあった模型は別のものだった。(監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:ジェイミー・ベル、アンディ・サーキス、ダニエル・クレイグ他)

 すみません、寝てしまいました……orz ハドック船長の先祖話がほぼ全部抜けた(^^;)。
 見る前に、

「スノーウィ見に行くんだから、つまんなくても大丈夫!」

 と豪語していたのですが、スノーウィはやっぱり原作の方がかわいかった……。なぜ実写でもなくアニメでもなく3Dアニメにしたかの理由は、スノーウィをかわいく描くためだと(私は)思っているし、おそらくそれで成功だとも思えるけど──うーむ、スノーウィのドヤ顔だけでは私の眠気は押さえられなかったか(-_-;)。
 まさかスピルバーグの映画で寝るとはなあ(´Д`;)。
 寝てしまった私は感想を言う資格はないのかもしれないので、「微妙」と言っていた家族の感想を。

「3D要素を入れるために、演出が冗長になっている」(私たちは2Dで鑑賞)

 これが一番の原因であろうと。3D映画を2Dで見るな、と言われそうですが、目が疲れるし、見られない人だっているわけでね。見られる人の中にも、3D嫌いな人もいるし。
 3D要素は、映画にとって一時のブームで終わってくれるとうれしいんだけどなあ(´・ω・`)。
 とにかくテンポが悪い割に話を詰め込みすぎているので長く感じるし、説明的なセリフも多い。まとまってはいるんだけど、それがスピルバーグの力なんだろうなあ。原作独特の動きとかも細かく入れてあるし。
 おっといけない、私に感想を言う資格はないのだわ……orz
 まあ、基本子供向けになっているんだと思います。子供が見てどう思うかはわからないけど。動きが楽しいとは感じるんじゃないかな。
 しかし、長いと思ったのに107分なのか。けっこう短めだったのね(^^;)。
 資格がないないと言いながら、寝てしまったので辛くてごめんなさい。
(★★☆)
[Tag] * ★★☆

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント