Top Page › 映画の感想 › 旧作の感想 › □『月に囚われた男』

2011 · 12 · 13 (Tue) 19:32

□『月に囚われた男』

『月に囚われた男』"Moon" 2009(Blu-ray)
 近未来、地球は月にエネルギーを見出した。月採掘基地を持つルナ産業に雇われたサム・ベルは、たった一人で三年間の勤務についていた。通信機器の故障により、地球との交信は録画データのやりとりのみだったが、あとわずかで契約期間は終了する。家族に会うことを楽しみに淡々と日々を過ごすサムだったが、ある日月面を作業車で移動中、事故を起こしてしまう。(監督:ダンカン・ジョーンズ 出演:サム・ロックウェル、ケヴィン・スペイシー(声)他)

『ミッション:8ミニッツ』が面白かったので、今作──ダンカン・ジョーンズ監督の長編デビュー作を見てみました。
 これも面白かった! ていうか、私は好き!(´д`*) SFだー。今時珍しいかもしれない、こういう飾り気のないSFというか……硬質な、というか、素っ気ないというか。「クール」って言っちゃうと意味が多様すぎるしなー。
 ダンカン・ジョーンズはSF好きと見た。特典映像の短編作品も大いにSFテイストがありました。
 思い出したのは『冷たい方程式』。後味もストーリーも全然違いますけど、そういううまい短編を読んだみたいな気分になりました。
 しかも、話の先が見えない。いや、予想はいろいろ立ちますが、展開とかまとめ方とか、つまり落とし所が私のツボを突いている。
 映画自体は、はっきり言って地味だし、静かです。何しろ主人公のサム以外の人間がほぼいない。ただし、サムは……。あーっ、どうしよう、ネタバレしたくないっ。
 私が何も知らないで見たので、「えっ、どういうこと!?」とワクワクでした。それを味わってほしいなあ、と思ってしまう映画です。しみじみと人の生と死を考えさせられます。サム・ロックウェルの一人芝居も見どころ。
 才気煥発な息子さんで、やはりお父さまはお喜びでありましょう(´д`*)。デヴィッド・ボウイ主演で映画撮らないかしら。
(★★★★)
[Tag] * ★★★★

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント