Top Page › 映画の感想 › 新作の感想(2011) › □『仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦MEGA MAX』

2011 · 12 · 15 (Thu) 16:08

□『仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦MEGA MAX』

『仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦MEGA MAX』2011(12/10公開)
 宇宙から隕石が飛来し、闇の巨大資本「財団X」が隕石に付着した宇宙生命を手に入れようと動く。仮面ライダーフォーゼと、仮面ライダーオーズとなぜか復活したアンクと、仮面ライダーWとかが財団Xと戦う。(監督:坂本浩一 出演:福士蒼汰、渡部秀、他)

 あらすじでまた挫折……orz
 毎度毎度のMOVIE大戦ですが、今回はあまりごちゃごちゃせず、30分ずつのオーズとフォーゼとMOVIE大戦MEGA MAXのパートと分かれており、メリハリあります。頭と途中にミニパートもあり、歴代ライダーたちとWが登場。W以来の登場である財団Xがこれからテレビの方でも活躍するのかな?
 私はアンクが大好きなので、便利なこじつけとはいえ、ちゃんと出てきてくれただけでも満足(´д`*)。映司がアンクの真似──じゃなかった、アンクが映司のふりをするところが萌えた。二人とも仲いいな!(私にBL属性はないんですが、友情厚い男子たちは好物なのです。一線はなるべく超えない方で自己規制(´ω`;))
 フォーゼの高校生たちのやりとりは、大きなスクリーンで見たら、クサくてちょっと恥ずかしかったわ……(´∀`;)。でも、弦太朗のような息子がいたら、ウザいだろうけど楽しそう。
 ラストの戦闘シーンが、ほとんどCGになってしまっていたのが残念。家族が「ガン◯ライドみたい……orz」とガックリ来ていた(^^;)。これのあとに『リアル・スティール』を見たので、CGのあまりの差に愕然としたよ。
 でも、ライダーはこれでいいのです(´-ω-`)。ていうか、見終わったあと、日本のアクション映画ってどうなの? と思ってしまった。ライダーとか戦隊とかのフィルターがないと許せない作りになってないですか?
 少女マンガと和製ロマンス小説の関係のように、仮面ライダーがあるから和製アクション映画が発展しないのではないか、と考えてしまったのですが。
 それが悪いわけじゃない、と私個人は思うけどね……。日本はもう、世界のガラパゴスになればいいと思うよ。貴重で独自の進化を遂げて、世界中から保護されるくらいになればいいさ。
 ──話、ズレました。とにかく、フォーゼとオーズのテレビ放映を見ていた人なら、楽しめると思います。
(★★★★)
[Tag] * ★★★★

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント