Top Page › 映画の感想 › 旧作の感想 › □『300〈スリーハンドレッド〉』

2011 · 12 · 16 (Fri) 21:16

□『300〈スリーハンドレッド〉』

『300〈スリーハンドレッド〉』"300" 2007(Blu-ray)
 紀元前480年、スパルタ王レオニダスの元に、ペルシア帝国の使者がやってくる。帝国への服従を求める使者を拒否したレオニダスは、神託を無視し、精鋭の300人だけを率いて、100万のペルシア軍を迎え撃つ。(監督:ザック・スナイダー 出演:ジェラルド・バトラー、レナ・ヘディ他)

 私はとにかく歴史が苦手で……。
 日本史も世界史も頭を素通りするような人間なのです。ヒストリカルロマンスは読めますが、その中に書かれている史実は全然憶えられず。
 紀元前なんて、もう違う惑星みたいなものです(-ω-;)。
 この作品も、いくらか史実が頭に入ってればもうちょっと楽しめたのかしら、と思ったりするけど、原作はグラフィック・ノベルで、史実とは違うらしいですね(Wikipedia調べ(^^;))。
 とはいえ、何も知らなければ知らないなりに楽しめました。とにかくザック・スナイダーという監督は、かっこいい戦闘シーンが撮れればそれでいいのかな、と思ったりした。それについては、こういう題材はうってつけかも。どうせなら、もっと削っちゃえばよかったのに。戦いオンリー。マッチョな肉体オンリー。腹筋ですべてを跳ね返す。まるでコミケのスタッフさんのように(´∀`;)。
 でも何だか、削り方がうまくなっているような気もします。それがいいか悪いかは別にして。
 うーん、どうも彼の作品は、感想言うのが難しいんだよね。私の中で評価が定まらないところにいつまでもふわふわ漂っている。『ドーン・オブ・ザ・デッド』を見た時は、割と普通の監督さんだと思ったんだけどなあ。でも、ゾンビを走らせた時点で、普通じゃなかったのかも(´ω`;)。『スーパーマン』のリブートは大丈夫なんだろうか……。
 うまく感想もまとまらないので、こんな感じにしとく。
(★★★)
[Tag] * ★★★

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント