01
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

◆『ギリシアに囚われた花嫁』ナタリー・リバース

◆『ギリシアに囚われた花嫁』ナタリー・リバース(ハーレクイン)
 スポーツインストラクターのキャリーは、伯父夫婦と従姉夫婦を事故で亡くし、従姉の息子ダニーをひきとって育てていた。従姉の夫レオニダスの実家は資産家だったが、縁を切って暮らしていた。それは、葬儀の時にやってきたダニーの祖父の態度からも明らかだった。だが半年後、突然レオニダスの弟ニコスがダニーを引き取りにやってくる。("The Kristallis Baby" by Natalie Rivers, 2007)



 クリスマス当日ですが、全然関係ない話です。
 ヒロイン、赤ちゃんである従姉息子の病気に動転していたり何だりで言いくるめられ、ギリシアへ連れていかれてしまいます。で、赤ちゃんと離れたくなくて、ヒーローと結婚──というお約束の展開。
 好みのお話ではありますが、どうも物足りない。二人に言い争いが多くて、ギスギスしていたからかな。
 ギスギスがずっと続くハーレは苦手だ……(-ω-;)。欧米型プライドとプライドのぶつかり合い。ユーモア混じりならばまだいいけど、欧米型ジョークは、なかなか日本人には笑いにくいよね(´ω`;)。
 そこにもちろん性的緊張感も入ってくる。徐々にそっちよりになっていく過程が、いかにも肉食系。
 私自身がケンカすると涙をこらえられないというか、怒ると涙が勝手に出てくる(冷却してる?)人間なので、苦手というか、よくわからないのかもしれない。泣きながらも言いたいことは全部言う私のような人間が、実は一番たちが悪いかもー(´∀`;)。
 ハーレのヒロインはよく「泣き顔を彼に見られるなんて、絶対にイヤ!」と思って涙をこらえますが、それってやっぱり「泣き顔が不細工」だと自分で思ってるからなのかな? そんな醜態を好きな男の前ではさらしたくない、という無意識の行動?
 単純なプライドではなく、こういうことならわかるけどなあ。
(★★☆)
web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★☆

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    12月 | 2020年01月 | 02月
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★★☆ ロマンス映画 シリーズ 創元推理文庫 ロマンス以外 ★★★★ ラズベリーブックス ヒストリカル その他の出版社 ★★☆ 資料用 サスペンス/ミステリ ハーレクイン(文庫含む) コンテンポラリー ★★★★☆ MIRA文庫 ★★★ ライムブックス 扶桑社ロマンス 新潮文庫 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ ランダムハウス講談社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫