01
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

◆『純真な片思い』ダイアナ・パーマー

◆『純真な片思い』ダイアナ・パーマー(ハーレクイン)
 市庁舎担当になった新人記者カーラは、議員演説会のカクテルパーティーで、市長のモアランドから誤報について激しく叱責される。涙にくれるカーラだったが、彼はそののち彼女の誤りではないことに気づき、デートに誘ってきた。仕事にかこつけてモアランドに会っていくうち、カーラは彼に惹かれていく。("If Winter Comes" by Diana Palmer, 1979)



 再読です。
 ダイアナの初期作品は、ヒーローがあんまり傲慢じゃない。それを「物足りない」と思わないように読んだつもり(^^;)。
 そう言い聞かせて読むと、ヒロインがタイトルどおりに「純真」すぎるほど純真。「うぶなおぼこ娘」という言葉がとても似合う。子供っぽいのではなく、スレてないっていうか、古風で上品な感じです。でも、内気で垢抜けてもいない。
 新聞記者なんて向いてないんじゃないか、と思うくらい傷つきやすい雰囲気なので、読んでてかわいそうになってきた。内気さを克服しようと無理しているように見えてねえ。若い女性記者だからってなめられないように必死に取り繕ったり、優秀故のプレッシャーもあったり……。
 本気のジャーナリズムと家庭人としての幸せが相容れないようにも思えて、ロマンスとしてちぐはぐな印象もありました。ヒーローが誤解したように、記事取るために彼に近づくという方が、何となく受け入れやすい。
 ラスト近くでヒロインが車に轢かれて、ヒーローの牧場で静養するシーンがとてもいいんですが、それまでの展開がちょっと──泣けるところもけっこうあるんだけど、ひっかかりが絶えずあったのが残念。
(★★★)
web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    12月 | 2020年01月 | 02月
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★★☆ ロマンス映画 シリーズ 創元推理文庫 ロマンス以外 ★★★★ ラズベリーブックス ヒストリカル その他の出版社 ★★☆ 資料用 サスペンス/ミステリ ハーレクイン(文庫含む) コンテンポラリー ★★★★☆ MIRA文庫 ★★★ ライムブックス 扶桑社ロマンス 新潮文庫 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ ランダムハウス講談社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫