09
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

●『悪魔の花嫁』デボラ・シモンズ

●『悪魔の花嫁』デボラ・シモンズ(ハーレクイン文庫)
 父と兄を亡くしたエイズリーは、女手一つで領地を切り盛りしてきたが、国王からの命令で結婚しなくてならなくなった。彼女は国王の騎士の中から“赤い騎士”として恐れられているピアズ・モンモランシー男爵を選び出す。陰鬱な城に嫁いだエイズリーは、常に暗闇の中に身を置く夫の姿を、いつしかこの目で見たいと思うようになっていく。("The Devil's Lady" by Deborah Simmons, 1994)



「悪魔の花嫁」という文字列を見れば、自動的に「でいもすのはなよめ」と読んでしまう世代です。再読です。
 もちろんデイモスは出てこず、「あくまのはなよめ」となったヒロイン。「魔法を操る悪魔」と恐れられる夫と会えるのは、顔もわからぬほどの闇の中。でも話したり触れ合ったりするうちに、惹かれていく。
 これもロマンスにはまってまもなく読んだものだったんですが、「まさにヒストリカルロマンス!」だと思ったし、読みなおしてもそう思う。

 美しい金髪のヒロイン、戦の英雄でありながら、闇の中に身を潜める「悪魔」と呼ばれるヒーロー、暗く沈鬱な城、主人に付き従う謎の召使い、ヒロインの領地を狙う卑怯な隣人、そして幸せを呼ぶ白い鹿──。

 ゴシックロマンの雰囲気もあり、お約束から決して逸脱しない潔さ。「ロマンスというファンタジー」のお手本みたいな作品です。
 だから、「実は盲目のヒーロー」も都合のいい展開になってしまうのですが、二人のバカップルぶりが微笑ましく、つい許してしまう。ヒロインが、目の見えるようになったヒーローを大広間に連れだし、使用人に、

「見て見て、あたしの旦那さま! 世界一のイケメンでしょ!ヽ(゚∀゚*)ノ」

 と自慢するんだけど、反応は微妙(´ω`;)。そう思ってるのはヒロインだけなんだけど、本人は全然(゚ε゚)キニシナイ!!
 こういう笑えるシーンが、スピンオフの『尼僧院から来た花嫁』でさらに多くなり、完全にラブコメになっています。
 こういうところは現代風だよね。作者も乗って書いているのがわかるー。
(★★★★)
web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル ハーレクイン(文庫含む) ★★★★

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2019年09月 | 10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ロマンス映画 ★★★☆ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★ ライムブックス ヒストリカル ★★★★ ★★★★☆ ★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫