09
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

▼『一度しか死ねない』リンダ・ハワード

▼『一度しか死ねない』リンダ・ハワード(二見文庫)
 引退した老判事の執事兼ボディガードをしているセーラ。ある晩、元判事の屋敷に泥棒が入り、被害を未然に防ぐ。その時知り合った刑事のカーヒルと互いに惹かれあうが、事件を機にテレビ取材されたセーラを何者かが狙い始める。



『マッケンジーの山』を読んで、リンダ・ハワードを読みたくなったので、図書館で借りてきました。
 うーん、でもこれはちょっと、伏線が気になったなあ。途中で、あるジョークがそのまんま犯人を示唆しているってシーンがあるんだけど、日本人にはわかんないよ、こんなの(^^;)。日本だと何かなあ、「ああ、うちの隣に住んでますよ」みたいな? 昔、「ビン・○ディンが西日暮里で目撃された」って○スポに書いてあったりしたけど、そういう絶対にありえないってことだろうね。けど、知らないと聞き込みしているヒーローがマヌケみたいに見えるよ。「気づけよお前!」って。とはいえ、それを説明するわけにもいかないし、言い換えるわけにもいかないし。
 他にも「気づけよお前!」っていうのはあったんですが、これが一番気になって……何だか損した気分。ジョークだとわかっていれば、気にする必要もなかったのに。
 リンダ・ハワードのヒロインは強い人が多いですけど、この作品のヒロインは腕っ節も強い。できれば、もう少し活躍してほしかったかなあ。けっこう期待してたんだけどね。ボッコボコにしちゃえばよかったのに~。
(★★★)
web拍手 by FC2

tag : サスペンス/ミステリ 二見文庫 ★★★

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2019年09月 | 10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ロマンス映画 ★★★☆ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★ ライムブックス ヒストリカル ★★★★ ★★★★☆ ★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫