11
2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
14
15
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

◆『偽りの別れ』リー・ウィルキンソン

◆『偽りの別れ』リー・ウィルキンソン(ハーレクイン)
 パーディタは心臓の悪い父に代わり、ある融資先との約束の場所に赴いた。空港で朝食をとりながら話をするはずだったのに、なぜか飛行機に乗せられる。戸惑う彼女の前に現れたのは、三年前に別れた男性、ジャレッド。昨日見かけたのは、偶然だと思っていたのに──彼こそが融資先のオーナーだったなんて。("Claiming His Wedding Night" by Lee Wilkinson, 2010)



 ヒロイン、自らも言ってますが「甘やかされたお嬢様」
 どのくらいお嬢様かというと──こんな会話が。

「(僕と別れてから)別の男が君の人生にいたかもしれないな」
 反撃したい一心でパーディダは言った。
「もちろんいたわよ」
 だが、次のひと言で効果を台なしにした。
「何十人もね」


 ……小学生ですか?(´д`;)
 こういう天然タイプのお嬢さんなら好きなんだけどなあ。でもこの作品の場合、お話の展開がお嬢様の悪い特性に頼っているように見受けられました。
 ヒーローとヒロイン、ラスベガスで結婚して、そのまま。婚姻を無効にする手続きを彼にまかせていたので、彼女は知らず父の共同経営者の息子と結婚しようとしています。
 別の人と婚約したのなら、一応調べないかね?(´・ω・`) ちゃんと離婚?してるかどうか。日本みたいに戸籍がないから、調べるのってめんどくさいのかしら?
 そこら辺の詰めの甘さというか、人まかせなところがまず目につき、どう見ても怪しい人間に対しての鼻のきかなさにイライラしてしまう。
 結局、ヒーローは嫉妬をした自分勝手な男にハメられて、新婚初夜にヒロインを奪われてしまうのです。「信じてくれ」と言う彼ですが、彼女は身内同然の人間の方を信用してしまう。その時の対応も、いかにも何もできないお嬢様な感じで──。
 よくあることとも言えるけど、傍から見ていると犯人はバレバレ(´ω`;)。ヒロインがおバカさんに見えてしまう。
 そうなると、つい思っちゃうよね、「この女のどこがいいんだろう?」って……orz
 ヒーローがよければいいんだけどさー(´-ω-`)。
(★★☆)
web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★☆

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    10月 | 2019年11月 | 12月
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★★★ 創元推理文庫 サスペンス/ミステリ ハーレクイン(文庫含む) ★★☆ コンテンポラリー ★★★★☆ シリーズ MIRA文庫 ロマンス映画 ★★★☆ ★★★ ライムブックス ヒストリカル 扶桑社ロマンス 新潮文庫 資料用 角川文庫 ロマンス以外 ハヤカワ文庫 ★★★★★ マグノリアロマンス フローラブックス 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫