Top Page › 映画の感想 › 旧作の感想 › ■『ワンダーランド駅で』

2012 · 07 · 18 (Wed) 21:45

■『ワンダーランド駅で』

『ワンダーランド駅で』"Next Stop, Wonderland" 1998(DVD)
 ボストンで暮らす看護師のエリンは、同棲相手と別れたばかり。母や同僚からは恋人を見つけろと言われるけれど、まだその気になれない。配管工のアランは、夢だった海洋生物学者を目指して大学に通っている。二人はいつも利用するワンダーランド駅ですれ違う。(監督:ブラッド・アンダーソン 出演:ホープ・デイヴィス、アラン・ゲルファント、フィリップ・シーモア・ホフマン他)

 同じ街に暮らす二人の男女の逢えそで逢えないラブストーリー。
 いや、もちろん最後はハッピーエンドですけどね。
 二人は駅、水族館(アランのボランティア先)やカフェ(二人の行きつけ)で共通の友人等とは会ったりしている。でも、当人同士はなかなか会えない。
 エリンは母親が勝手に出した恋人募集広告で応募してきた男性とデートするんだけど、全体的に「めんどくさ(´д`;)……」みたいな雰囲気を醸し出しています。
 アメリカって行動単位はカップルというのが一般的らしいから、一人でいると周りに何かと言われるのか?(日本でもそうだけど)

「いいじゃん、別に。一人でも楽しいし」

 と言うエリンの言葉は本心ともごまかしとも思える。
 結局、彼氏がいたとしても楽しくなかったり、より孤独を感じたりするならば、一人の方がマシだよな、ということだよね(´・ω・`)。
 なんかこう「特に不満はないけど、ちょっとささくれたところが気になる毎日」という女性の気持ちはすごく伝わってくる。
 それを考えるとちと男性の方は弱いかも。アラン自体は賢いしいい人なんだけど、他の男が全部アホっぽいというのはどうなの?(^^;) エリンがダメ男にひっかかりやすい、とも言えるのかもしれないが……。
 まあ、女性の方だって彼女が一番きれいなんだけどさ。

 最初の方はちょっとカメラワークや編集の仕方が気になりましたが、次第に物語へ入り込めました。淡々とした描き方もいいです。
 14年前の映画だと、携帯電話もメールも出てこないのか……。そんなに古さは感じなかったけどね。
 萌えはあまりなかった……かな?(´ω`;)
(★★★☆)
[Tag] * ロマンス映画 * ★★★☆

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント