Top Page › 映画の感想 › 新作の感想(2012) › □『アベンジャーズ』

2012 · 08 · 14 (Tue) 16:30

□『アベンジャーズ』

『アベンジャーズ』"Marvel's The Avengers" 2012(8/14先行公開)
 アスガルドを追われたロキによって四次元キューブを盗まれたシールドのニック・フューリー長官は、中止されていた「アベンジャーズ計画」を進めることを決意する。“戦う実業家”アイアンマンことトニー・スターク、“超人ソルジャー”キャプテン・アメリカことスティーブ・ロジャーズ、“苦悩の科学者”ハルクことブルース・バナー、そしてロキの兄である“神失格の男”アスガルドのソー──彼らに次々と声をかけるが……。(監督:ジョス・ウェドン 出演:ロバート・ダウニー・Jr、クリス・エヴァンズ、マーク・ラファロ、クリス・ヘムズワース、スカーレット・ヨハンソン、ジェレミー・レナー、トム・ヒドルストン、サミュエル・L・ジャクソン他)

 先行上映で見てきました。8/17からの公開を待ちきれず、家族と今日行ってきた!
 ちゃんと予習して見に行ったので、とってもとっても楽しめました!(´Д`*)
 同じアメコミを題材にしているのに、『ダークナイト ライジング』とは方向性が全然違う!
 でも、両方とも面白い! こちらは特に、「お祭り」感があります。夏休みにふさわしい特別なイベントってテンションです。家で見るより、映画館で見る方が断然盛り上がる!

 個性の強いスーパーヒーローたちですから、いきなり集められて文句たらたらです。ニック・フューリーを信用できるのか、という問題もある。そんな簡単にまとまるはずはない。
 日本の戦隊もの(原題、"Marvel's The Avengers" っていうんだね……。まさに『マーベル戦隊アベンジャーズ』じゃないですか(^^;))も最初の方で必ずケンカするしね。チームとしてまとまるためには、ひと山越えないといけない。
 このひと山──きっかけは、予習をしていないとピンと来ないかも、と思いました。私はちょっとショックだった。

「でもでもっ、きっと──そうだよねっ。そうだと言ってよー!(´;ω;`)」

 と『アイアンマン』1『インクレディブル・ハルク』『マイティ・ソー』『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』を見た人だったらそう思うはず。(どっちにしろ続編作る気まんまんらしいですが(^^;)。それと『キャプテン・アメリカ』には出てたかな?)
 一人でも充分強いんだから、まとまればもっと強い。“魔性のスパイ”ブラック・ウィドウと“地上最強の射手”ホークアイもチームに加わり、後半は派手なアクションで一気に畳み込んでいきます。
 せっかくですので、夏休み気分が残っているうちに見に行くとよろしいかと(´∀`)。
 それから、今回もオマケがあるので、最後の最後まで席を立たないように。私は思わず、

「しゃべれよ!」

 と心の中で三村ツッコミしました。こういう人、日本中にけっこういるはず。

 以下、無駄話。
 あちらの戦隊ものみたいな言われ方をしているので、私は彼らにどうしても色をあてはめたくて仕方ないのです。
 アイアンマンはでー、ハルクはでー、ブラック・ウィドウは、と決まっている人はいいけど、他は? 女子が決まってたら、ピンクが余ってしまう……。
 キャプテン・アメリカは存在自体がまさに「キャプテン」なので、こちらがかしら(色的には両方あるし)と思ってしまうけど、かといってトニーがって性格では絶対ない。トニーはいわゆる「バカレッド」と言われる人で、リーダーはのキャプテンなのですね。
 ソーはサトシキャプテンから、

ピカチュウソー、10まんボルト雷をお見舞いしてやれ!」

 と言われていたので、イエロー
 じゃあ、ホークアイはピンクでいいや──とひどいまとめ方(´∀`;)。
 けど、無口でちょっとぼんやりなひきこもりなのに、あわてず騒がず矢を射ち続けるホークアイはとてもいいキャラだと思う。女の子にしたりすると、きっと萌える人続出……。

 そして、キャプテンの本懐はまだ遂げられず。『キャプテン・アメリカ』の2に期待しています(´・ω・`)。
(★★★★☆)
[Tag] * ★★★★☆

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント