Top Page › 読書の感想 › ココ・セシル › ◆『魅惑のダイヤモンドと花嫁の誓い』ココ・セシル

2012 · 09 · 02 (Sun) 15:06

◆『魅惑のダイヤモンドと花嫁の誓い』ココ・セシル

◆『魅惑のダイヤモンドと花嫁の誓い』ココ・セシル(宙出版)
 ウェディングプランナーのジュディスは、思いがけず手がけることになった伯爵令嬢の結婚式のため、豪華客船クルーズのプランを立てる。だが、気位の高い伯爵夫人が式にいちゃもんをつけてきた。それを収めてくれたのは、花嫁の兄で次期伯爵であるアンソニー。そのかわりに出された条件は、ジュエリーの発表会でモデルをつとめること。そしてアンソニーは母親から「このクルーズ中に花嫁を探すこと」と約束させられる。("The Bride With Diamonds" by Coco Cecil, 2012)

「ハーモニィRomance」10月号のふろくです。去年の『ジュエリーボックスに愛をこめて』のスピンオフ作品です。
 美人だけど地味なヒロインは、貴族の跡取りで新種の宝石専門のハンター(難破船の捜索とか冒険家みたいなイメージだ……)であるヒーローとは身分だけじゃなく、そのセレブな雰囲気に圧倒されています。
 コミック(画・狩野真央さん)の方では卑下しがちな彼女に対して、ヒーローがガツンとダメ出しするシーンがあるんですが、小説では優しさがチャラさと誤解されているかのよう。しかも、別の女を使って嫉妬させようと画策するとは──ヒーロー、お坊ちゃんぽい。
 豪華客船でのクルーズですから、寄港した土地でのデートや夜毎のパーティーなど、エピソードは満載。詰め込みすぎかもしれない。
 それらのエピソードを適度に削り、順番を入れ替えたりしたコミックの方がすっきりとまとまっている気がします(多少の改変はもちろんありますが)。
 でも、なんだろう……ちょっとエピソードの羅列感がある……。華やかなんですが、セレブに戸惑うヒロインのように、慌ただしく過ぎていくというかね……。
 原作・コミックともに読みやすいしロマンスとしてのアイテムも盛りだくさんなのですが、私には萌え少なめです。
(★★★)

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント