Top Page › 読書の感想 › ダイアナ・パーマー › ◆『子供じゃないのに』ダイアナ・パーマー

2012 · 09 · 07 (Fri) 22:16

◆『子供じゃないのに』ダイアナ・パーマー

◆『子供じゃないのに』ダイアナ・パーマー(ハーレクイン)
 交通事故で親を亡くしたアビーは、バレンジャー兄弟に引き取られ、弟のカルフーンが後見人になった。それから5年──アビーはもうすぐ21歳になる。カルフーンは相変わらず私のことを妹としか見てくれない。もう子供じゃないのに……。("Calhoun" by Diana Palmer,1988)
・〈テキサスの恋〉シリーズ第1作

 再読です。
〈テキサスの恋〉は飛び飛びにしか読んでいないのですが、第1作だけでもちゃんと読んでおこうと思って買ったのでした。といっても久しぶりの再読。
 シンプルな話でした。義兄同然のヒーローに恋焦がれるヒロインと、「結婚に縛られたくない」と彼女を拒絶するヒーロー。
 結婚しないと、まあ、「できない」(´д`;)ということでヒーローは悶々とするわけですね。ダイアナの作品ではよくあるけど、

「身を固める覚悟ができるまで矛盾した行動&言動をしまくって彼女を困惑させる男の話」

 です。ひとことで言うと、

「めんどくさい奴の話」

 です(´∀`;)。
 しかも、あまり他に波はなく、ただただヒーローのすったもんだで話が進む。
 いや、決して悪くはないけど、三部作らしき伏線のあとがあちこちにあり、気持ちもそっちにズレそうになる。特に第2作は読みたくなる。すっごく! そこは「うまいなあ」と思いますが、作品単体としてはいかんのではないか……。
 ついつい、

「どうせ結婚するくせに、何悪あがきしてんだあいつは(゚Д゚)」

 とヒーローに対して思っちゃうよね……。
 第2作は持っていない(読んでいない)ので、探さなくては。
(★★★)

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント