Top Page › 読書の感想 › リン・グレアム › ◆『復讐は恋の始まり』リン・グレアム

2012 · 09 · 09 (Sun) 18:42

◆『復讐は恋の始まり』リン・グレアム

◆『復讐は恋の始まり』リン・グレアム(ハーレクイン)
 リジーの恋人、コナーが自動車事故で亡くなった。彼女に捨てられた故の自殺という噂だが、真実を知るのは彼女ともう一人の当事者のみで、父のためにもそれは言えない……。だが、噂を信じたコナーの異母兄セバステンが復讐のために接触してきた。それを知らないリジーは彼に恋してしまうが──。("The Contaxis Baby" by Lynne Graham, 2002)

 再読です。
 確かけっこう好きだったはず、と思いながら読んだのですが、案の定、ヒーローがヒロインにメロメロすぎてアホっぽい!
 リン・グレアムお得意の天然ヒロインです。お金持ちのお嬢さんで、「女なんて働かなくてもいい」と言う父親の言葉どおりにほけほけと遊んで暮らしていたら、若い継母に裏切られ(恋人を取られた)、父から家を追い出される。
 そこにつけこんで弄び、ボロボロにして捨てようと目論んだヒーローですが、初めて会った夜の、

「いつもこんなに威張っているの?」

 に始まり、ヒロインにいろいろ言われまくります。
 ボロアパートを見つけて奮闘中のヒロインを食事に誘おうとしたら、

「部屋を塗り替えている最中で、ペンキがそこら中に垂れているの。またね。さよなら!」

 とペンキ塗りを優先されて激怒し、ペンキ屋さんを連れてきてディナーに連れ出す。
 天然発言は他にもありますが、打ちのめす言葉もあります。

「かっとなりやすい。所有欲が強い。嫉妬深い! あなたったらロマンチックなところも繊細さもまったくないのね!(゚Д゚)」

 たいていのハーレヒーローはこんな感じですけど(^^;)。
 そして、極めつけ。

「わたしにとってあなたは必要じゃないわ」

 そこまで言われても懲りずに逆ギレしまくりで、普通の女性ならのしつけて返す物件ですが、ハーレの、しかも天然のリン・グレアムヒロインは彼を許してしまう。
 まあ、これくらい天然じゃないとこういう男の相手は無理かもね……(´・ω・`)。気持ちが通じ合えば、多分ズレすぎててケンカにならないのではないか、と思うよ。
 コミック(画・上杉可南子さん)も読んだことあるのですが、これも面白かった。手元にないから、探そうかなー。
(★★★★)

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント