11
2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
14
15
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

◆『愛する人はひとり』リン・グレアム

◆『愛する人はひとり』リン・グレアム(ハーレクイン)
 プルーデンスはギリシアの実業家ニコロスと、互いの家族のために結婚した。二人は8年間別居し、ニコロスは世界中の愛人たちと楽しみ、プルーデンスはイギリスの田舎で動物保護活動に勤しんでいる。でも、こんな生活はそろそろ改めなくてはいけない。彼女は、夫に離婚を切り出した。だが、彼はそれを拒否する。("The Greek's Chosen Wife" by Lynne Graham, 2006)



 再読です。
 冒頭の50ページで、ヒーローの所業が明らかになります。それが、ハーレで一二を争うクズっぷり(^^;)。
 何しろ便宜上とはいえ既婚者なのに愛人が3人、しかも滞在場所によって変えるとかって、マドロスかよっ(゚Д゚)ゴルァ!! とツッコみたくなる。
 新婚初夜は初夜で、元カノに薬入れられて泥酔し何もせず終わる。そりゃ薬を入れた方が悪いけど、そんなことする女とつきあってたわけだからねえ……┐(´д`)┌ヤレヤレ 友だちもヒロインをバカにしてばかりだし、まさに類友。
 結婚した22歳(ヒロインは19)の頃から全然成長していない夫のふるまいをゴシップ誌で読む、という生活にさすがのヒロインも嫌気がさし、

「もう離婚したい(´;ω;`)」

 と言うのです。
 8年我慢したのは、政略結婚の原因になった母が前年に亡くなったこともあるんだけど、何より彼女がヒーローを愛しているから。二人は年に数回友人のように会っているんだけど、そんな「幼馴染の関係を崩したくない」みたいな臆病さからようやく一歩踏み出そうと決心したのです。このままだと子供も産めないし。
 でも、例によってヒーローがゴネる。理屈をこねくり回し、言葉尻や揚げ足をとり、ヒロインの気弱さや優しさにつけこみ、身体で誘惑、勢いで脅迫までして、

「俺の子供産めばいいじゃん! やり直そうよ、結婚生活!」

 ということにしてしまう。自分の気持ちを見つめ直すことはいっさいなしで!
 そのやり方は、強引というよりモラハラ、あるいは洗脳。
 
サイコパスですか、このヒーローは(´Д`;)。
 こういう精神操作が普通、みたいな思考の持ち主って、ちょっと怖い。
 そのあとは、ヒロインの流されっぷりというかグダグダさが目立つ展開になっていく。こんな男、甘やかしたら図に乗るだけなのに!
 しかも、パーティーで愛人3人集まってヒロインを囲んじゃうって、女性関係の後始末が雑すぎる!
 お前、絶対忘れてただろう(`Д´#)!
 ただ、さすがにリン・グレアムなので全体的にはすんなりと読める。
 いっそすがすがしい“キング・オブ・クズ”ヒーローを楽しむ、という点での読み応えもなくはない。
 でも、こんな男との話をロマンスとは思いたくないな(´∀`;)。
(★★★)
web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    10月 | 2019年11月 | 12月
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★★★ 創元推理文庫 サスペンス/ミステリ ハーレクイン(文庫含む) ★★☆ コンテンポラリー ★★★★☆ シリーズ MIRA文庫 ロマンス映画 ★★★☆ ★★★ ライムブックス ヒストリカル 扶桑社ロマンス 新潮文庫 資料用 角川文庫 ロマンス以外 ハヤカワ文庫 ★★★★★ マグノリアロマンス フローラブックス 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫