Top Page › 映画の感想 › 新作の感想(2009) › □『ワルキューレ』

2009 · 03 · 06 (Fri) 14:59

□『ワルキューレ』

『ワルキューレ』(3/5試写会 3/20公開)
 祖国ドイツを愛する軍人であるシュタウフェンベルク大佐は、ヒトラーの独裁政権を崩壊させる反乱組織のメンバーとなり、偶然耳にしたワグナーの「ワルキューレの騎行」から、既存の作戦“ワルキューレ”を利用したある計画を思いつく。(監督:ブライアン・シンガー 出演:トム・クルーズ、テレンス・スタンプ、ケネス・ブラナー他)

 うーん……。ちょっと見終わったあと、鬱々とした気分に……。
 結末がわかっている場合、その過程を楽しむものだとは思うのですが、なかなかそうもいかず……トム・クルーズはものすごくかっこいいんだけどねえ。実話というか、よく知られている史実の映画化は難しい。
 本当に何も知らないで見れば、評価も変わるんだろうけど、あまりにわからなすぎるのもどうかと思うなあ(´д`;)。
(★★☆)
[Tag] * ★★☆

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント