09
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

△『ライトニング』ディーン・R・クーンツ

△『ライトニング』ディーン・R・クーンツ(文春文庫)
 ローラは生まれた時に母を失い、愛する父も12歳で亡くし、孤児院で育った。過酷な人生は彼女の才能を育み、今や人気作家として名を馳せている。結婚して息子にも恵まれた。だが、その幸せの影には、彼女の危機を救うため、雷鳴と閃光とともにやってくる“守護の使い”がいた。("Lightning" by Dean R. Koontz,1988)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ロマンス以外 文春文庫 ★★★☆

◆『罠に落ちたシンデレラ』ダイアナ・ハミルトン

◆『罠に落ちたシンデレラ』ダイアナ・ハミルトン(ハーレクイン)
 造園家のマディは、アテネに住む親友の邸宅で、ディミトリと出会った。マディは彼に恋をするが、大富豪である彼とはほとんど話さないまま、彼女はイギリスへ帰る。すると、彼はマディを追ってイギリスにやってきて、そのまま結婚。夢のような生活に心躍らせるが、アテネの屋敷で現実を思い知らされる。("The Kouvaris Marriage" by Diana Hamilton,2006)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

◆『悪魔のような求婚者』ダフネ・クレア

◆『悪魔のような求婚者』ダフネ・クレア(ハーレクイン)
 テレビ制作会社のリサーチをしているアンバーの部屋に、ある日見知らぬ男が訪ねてきた。マルコというその男は、アンバーの妹の手紙を頼りに勘違いをしてやってきたらしい。妹の子供は自分の息子だと主張する彼だったが、証明するためのDNA鑑定を妹は受けようとしない。しびれを切らした彼は、アンバーに言う。「裁判所に訴えるか、君が僕と結婚して子供を生むか、どちらか選べ」("Salzano's Captive Bride" by Daphne Clair,2009)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★☆

●『レディのたくらみ』デジレ・リンゼー

●『レディのたくらみ』デジレ・リンゼー(ソフトバンク文庫)
 伯爵夫人であるクリスタルは、夫の友人であるニコラスを屋敷に呼び、苦しい胸の内を打ち明けた。「あなたの、子供が欲しいの」それは、夫との間に望めない跡継ぎを得るため──たとえ夫を愛していても。("Enslaved" by Desiree Lindsey,1998)
・アンソロジー『シークレット はじまりは嵐のように』

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : ヒストリカル ソフトバンク文庫 ★☆ アンソロジー

◆『あなたに包まれて』タミー・ホウグ

◆『あなたに包まれて』タミー・ホウグ(MIRA文庫)
 リンは、問題を抱える少女たちの更正施設“ホライズンハウス”のカウンセラー。施設の受け入れを反対する住民と対峙した時、颯爽と現れた上院議員エリックを白馬の騎士のように思いながら、彼の将来と自分の過去は相容れないものだとあきらめようとする。だが、エリックは彼女を理解しようと努力する。("The Last White Knight" by Tami Hoag,1992)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー MIRA文庫 ★★★

◎『ダンナ様はFBI』田中ミエ

◎『ダンナ様はFBI』田中ミエ(幻冬舎)
 日本で働くキャリアウーマンとFBI捜査官が出会って国際結婚。危機管理とプロファイリングに満ちた結婚生活の一部始終!

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : ロマンス以外 ラベンダーブックス(幻冬舎)

▼『あの夏の天使』タラ・ジャンセン

▼『あの夏の天使』タラ・ジャンセン(ランダムハウス講談社)
 祖父が残していたメモを頼りに、リーガンはシスコという町にやってきた。少し忘れっぽくなっている祖父に何があったのか心配だったのだが、祖父の姿はなく、かわりに現れたのは少女の頃に強烈な思い出を残した男、クイン・ヤンガーだった。("Crazy Hot" by Tara Janzen,2005)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : サスペンス/ミステリ ランダムハウス講談社 ★☆

▽『ピーター卿の事件簿』ドロシー・L・セイヤーズ

▽『ピーター卿の事件簿』ドロシー・L・セイヤーズ(創元推理文庫)
 貴族探偵ピーター・ウィムジー卿の活躍を描く短編集。「鏡の映像」「ピーター・ウィムジー卿の奇怪な失踪」「盗まれた胃袋」「完全アリバイ」「銅の指を持つ男の悲惨な話」「幽霊に憑かれた巡査」「不和の種、小さな村のメロドラマ」の7編を収録。

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : ロマンス以外 創元推理文庫 ★★★☆ シリーズ

◆『めぐり逢う時はふたたび』デボラ・スミス

◆『めぐり逢う時はふたたび』デボラ・スミス(集英社文庫)
 大理石の採掘会社と広大な土地を持つ南部の名家の娘ダールは、大叔母が殺されるのを目撃する。恐怖心から沈黙を守るうち、初恋の人イーライの父親に容疑がかけられ、警官に射殺されてしまう。それから25年後、姿を消したイーライが再びダールの前に現れる。

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー 集英社文庫 ★★

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2019年09月 | 10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ロマンス映画 ★★★☆ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★ ライムブックス ヒストリカル ★★★★ ★★★★☆ ★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫