01
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

◆『クリスマスの青い鳥』リンダ・ハワード

◆『クリスマスの青い鳥』リンダ・ハワード(MIRA文庫)
 キャスリーンは猛吹雪のクリスマスに産気づいた。予定日まであと三週間以上もあったのに……早く診療所に行かなくては……。彼女は必死に車を操ったが、陣痛と雪に阻まれ側溝にタイヤが落ちてしまう。絶望しかけた時、通りかかった医師のデレクが車のドアを開けた。("Bluebird Winter" by Linda Howard,1987)
・アンソロジー『聖なる夜にあなたと』

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー MIRA文庫 ★★★★ アンソロジー

◆『美しい悲劇』リンダ・ハワード

◆『美しい悲劇』リンダ・ハワード(MIRA文庫)
 未亡人になってからも故郷へ戻らなかったキャサリンは、ようやく自分がオーナーである牧場へ帰ってきた。だがそこは、牧場長であるルールの天下だ。彼は、牧場だけでなく、私も手に入れようとしている。彼の言いなりになどならない。私はもう、17歳の怯えた小娘ではないのだから。("Against The Rules" by Linda Howard,1983)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー MIRA文庫 ★★☆

◆『流れ星に祈って』リンダ・ハワード

◆『流れ星に祈って』リンダ・ハワード(MIRA文庫)
 サラが密かに想いを寄せていた上司ロウムは、彼女の親友ダイアンと恋に落ち、幸せな家庭を築いた。だが二年前、ロウムは妻と子供たちを事故で失う。絶望の淵に落ち込んだ彼は、サラに救いを求めるが──。("Sarah's Child" by Linda Howard,1985)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー MIRA文庫 ★★☆

◆『危険な駆け引き』リンダ・ハワード

◆『危険な駆け引き』リンダ・ハワード(MIRA文庫)
 世界的なテロリストである男に娘がいることを知ったチャンスは、周到な用意をし、偶然を装ってその女性サニーに近づく。明るくユーモアあふれる彼女にチャンスは惹かれるが、その反面謎な部分もある。彼女は果たして、父親の手先なのだろうか?("A Game Of Chance" by Linda Howard,2000)
・〈愛と勇気のマッケンジー家〉シリーズ第5作

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー MIRA文庫 ★★★☆ シリーズ

◆『マッケンジーの娘』リンダ・ハワード

◆『マッケンジーの娘』リンダ・ハワード(ハーレクイン)
 ひどい頭痛で目を覚ましたメアリスは、そこが自分のベッドではなく、隣に裸の男がいることに気づく。彼に見覚えはあるものの名前が思い出せない。昨日の昼からの記憶もなくなっている。しかも、頭には殴られたような傷もある。いったいこれは、どういうことなの?("Mackenzie's Magic" by Linda Howard,1996)
・アンソロジー『クリスマス・ストーリー'97 四つの愛の物語』
・〈愛と勇気のマッケンジー家〉シリーズ第4作

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆ アンソロジー シリーズ

◆『熱い闇』リンダ・ハワード

◆『熱い闇』リンダ・ハワード(MIRA文庫)
 キャロラインは天才的な頭脳を持つレーザーの研究者。だが、小さな頃から勉強づけで年齢の違う学友たちと親しくなれず、男性ともつきあわないまま大人になってしまった。そんな彼女が初めて恋をしたのは、空軍大佐で伝説的なパイロットであるジョー・マッケンジー。だが、彼は一時的な情事を望んでいるだけだ。("Mackenzie's Mission" by Linda Howard,1992)
・〈愛と勇気のマッケンジー家〉シリーズ第2作

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー MIRA文庫 ★★★★ シリーズ

▼『氷に閉ざされて』リンダ・ハワード

▼『氷に閉ざされて』リンダ・ハワード(二見文庫)
 アイダホ山中に小型飛行機が墜落した。乗っていたのは資産家の夫を亡くし、義理の息子と娘の遺産管理を行っているベイリーと、パイロットのキャム。二人は互いに苦手なタイプだと思っていたが、救援隊が来る気配のない雪山でのサバイバルから、次第に相手のことが見えてくる。そして、飛行機が何者かに細工されたことも。("Up Close And Dengerous" by Linda Howard,2007)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : サスペンス/ミステリ 二見文庫 ★★★☆

◆『裏切りの刃』リンダ・ハワード

◆『裏切りの刃(やいば)』リンダ・ハワード(ハーレクイン)
 婚約を二回も破棄したテッサが、ようやくめぐりあったブレット。強引で男性的な魅力あふれる彼にテッサは夢中になるが、初めて結ばれた翌日、彼女は逮捕される。勤めている会社の金を横領した容疑で──。ブレットは極秘にそのことを調査していた本社の人間だったのだ。("The Cutting Edge" by Linda Howard,1985)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★☆

▲『夢の中の騎士』リンダ・ハワード

▲『夢の中の騎士』リンダ・ハワード(二見文庫)
 古文書の専門家であるグレースは、所属している考古学財団の理事長が自分の夫と兄を殺害するのを目撃する。彼が狙っていたのは、グレースが持っている古文書。そこには、14世紀の勇猛な騎士ナイルについて書かれていた。逃亡生活を送りながら翻訳を進めていくと、彼が夢の中に現れるようになる。("Son Of The Morning" by Linda Howard,1997)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : パラノーマル 二見文庫 ★★★★

▼『Mr.パーフェクト』リンダ・ハワード

▼『Mr.パーフェクト』リンダ・ハワード(二見文庫)
 ジェインは毎週金曜日の夜、同僚の友人と集まって、日頃の鬱憤をおしゃべりで晴らしている。その日の話題は“完璧な男”。酔った勢いで好き勝手な条件リストを作って大笑いをしていたが、そのリストがマスコミやネットに流れてしまったことから、彼女たちは危険にさらされる。("Mr.Perfect" by Linda Howard,2000)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : サスペンス/ミステリ 二見文庫 ★★☆

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    12月 | 2020年01月 | 02月
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ロマンス以外 シリーズ ★★★★ 創元推理文庫 ★★★☆ ヒストリカル ラズベリーブックス その他の出版社 ★★☆ 資料用 サスペンス/ミステリ ハーレクイン(文庫含む) コンテンポラリー ★★★★☆ MIRA文庫 ロマンス映画 ★★★ ライムブックス 扶桑社ロマンス 新潮文庫 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ ランダムハウス講談社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫