09
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

▼『ふるえる砂漠の夜に』アイリス・ジョハンセン

▼『ふるえる砂漠の夜に』アイリス・ジョハンセン(二見文庫)
 砂漠の国セディカーンからアメリカへ留学していたジラは、帰国の際ハイジャックにあい、テロリストに人質にされてしまう。セディカーンの元保安部員ダニエルは、彼女の救出に成功するが、砂漠に追われ、一夜を二人で過ごすことになる。("A Summer Smile" by Iris Johansen,1985)
・〈セディカーン〉シリーズ

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : サスペンス/ミステリ 二見文庫 ★★★★ シリーズ

●『黄金の翼』アイリス・ジョハンセン

●『黄金の翼』アイリス・ジョハンセン(二見文庫)
 18世紀末、バルカン半島の小国タムロヴィアの王の姪であるテスは、流砂に沈もうとした時、砂漠の国セディカーンの族長(シャイフ)ガレンに助けられる。祖国統一の野心に燃える彼は、それから6年後、修道院から戻ったテスの前に現れ、国にいる限り手に入らない“自由”を彼女に与えることを餌に、3年間の政略結婚を持ちかける。("The Golden Barbarian" by Iris Johansen,1991)
・〈セディカーン〉シリーズ

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : ヒストリカル 二見文庫 ★★★☆ シリーズ

●『星に永遠の願いを』アイリス・ジョハンセン

●『星に永遠(とわ)の願いを』アイリス・ジョハンセン(二見文庫)
 11世紀末のイングランド。凶兆だと人々から恐れられる彗星があふれる夜空を見上げて、癒し人のブリンは喜びに震えた。ノルウェー王の庶子で戦士のゲージは、同じ彗星を見上げながら、それを自分の紋章にしようと思い立つ。ノルマンディー公とともにイングランドに攻め入ったゲージは、大怪我を負った親友をブリンの手に託す。("Midnight Warrior" by Iris Johansen,1994)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : ヒストリカル 二見文庫 ★★★☆

◆『誘惑のトレモロ』アイリス・ジョハンセン

◆『誘惑のトレモロ』アイリス・ジョハンセン(二見文庫)
 ジュネーブで『レ・ミゼラブル』の舞台に立つデイジーは、若き天才作曲家ジェイソンからブロードウェイで新作ミュージカルのヒロインを演じるよう頼まれるが、ある理由からそれを断る。だが彼はあきらめず、何とか彼女を説得しようとする。("An Unexpected Song" by Iris Johansen,1990)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー 二見文庫 ★★☆

▲『最後の架け橋』アイリス・ジョハンセン

▲『最後の架け橋』アイリス・ジョハンセン(二見文庫)
 数ヶ月前に夫を事故で失ったエリザベスは、臨月を迎えたある日、亡夫のいとこだというジョンから、彼女が合衆国政府から狙われている、と告げられる。直後に政府の人間から警告を受け、彼女はジョンとともに山荘に身を隠す。

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : パラノーマル 二見文庫 ★★

◆『嵐の丘での誓い』アイリス・ジョハンセン

◆『嵐の丘での誓い』アイリス・ジョハンセン(二見文庫)
 駆け出しの女優であるブレンナは大物プロデューサー、ドノヴァンのオーディションを受けるが、彼の傲慢な態度に腹を立て、啖呵を切ってその場を去る。

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー 二見文庫 ★★★

●『青き騎士との誓い』アイリス・ジョハンセン

●『青き騎士との誓い』アイリス・ジョハンセン(二見文庫)
 追われる孤高の騎士ウェアに助けられた奴隷の刺繍職人ティーア。彼女が彼のために作った幟が、思いもよらない争いを引き起こしていく。("Lion's Bride" by Iris Johansen, 1996)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : ヒストリカル 二見文庫 ★★★

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2019年09月 | 10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ロマンス映画 ★★★☆ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★ ライムブックス ヒストリカル ★★★★ ★★★★☆ ★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫